外注する時のアプリ開発の手順とは

カテゴリ

新着記事リスト

2017年08月25日
制作会社に頼んでクオリティーの高いアプリを開発するメリットとはを更新。
2017年08月25日
アプリ開発会社の選び方のポイントを更新。
2017年08月25日
アプリ開発会社を選ぶうえで気を付けることを更新。
2017年08月25日
外注する時のアプリ開発の手順とはを更新。

カレンダー

2017年10月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

コミュニケーションも大事

スマートフォンが普及した今では、自社アプリの開発は急務です。自力でアプリを開発することは困難ですから、アプリ制作会社に外注することになるでしょう。では、どのようなやり取りをアプリ制作会社と行って開発していくのでしょうか?その順番を見てみましょう。
まずはヒアリングです。求めるアプリ機能、イメージ、予算などを開発会社に伝えます。技術的な課題など制作開発をする上での詳細を確認、検討します。次に企画見積り。開発会社はヒアリングの内容を受けて、提案書及び概算見積書を作成します。この時にどの機能にどれほどの費用が掛かっているのかの詳細を確認しておきましょう。その後は要件定義。アプリの目的や画面イメージ、ワイヤーフレームなど要件の詳細を決めます。制作会社とよくコミニケーションをとって、現場からの提案を積極的に求めましょう。この時点で、詳細な見積書を得られるでしょう。
そして、発注、契約、開発、実装と進めていきます。設計をもとにアプリの開発に入ります。実装を進めてからどのような問題があるか確認します。最終段階でテスト検証アプリがきちんと動作するかどうか実機を使ってテストを行います。テスト仕様書、テスト報告書などが作成されます。最終確認の段階なので、もしアプリの訂正や機能を見直す場合は、最後の機会となります。そして最後に納品、アプリ申請となります。以上の順番でアプリの開発が行われます。コミニケーションをとって良いアプリを開発しましょう。

見積もりは重要

最近では、スマートフォンの普及に伴いアプリを使う方も多くいると思います。中には、アプリを開発したいという方もいます。しかし、アプリ開発の費用って高くなってしまうイメージがあります。実際にはそれなりの費用はかかります。そこで今回は、アプリ開発会社に依頼する際の費用の相場などを紹介していきたいと思います。
まずハッキリと言えることは、突き詰めれば突き詰めるだけ値段はつり上がって行きます。ですので、上限額はありません。最低限としても、100万位はかかってしまいそうです。また開発したいと思っているアプリの種類や内容によっても違います。ですので、相場を詳しく出すのは難しいのです。
アプリ開発会社に見積もりを出してもらった方が早いかもしれません。アプリ開発は、アプリ開発が終わったらおしまいではありません。維持する費用も必要なんです。保守メンテナンス代やサーバー代などがあります。ですので、アプリ開発会社に依頼するときには、このあたりの費用も確認をしましょう。結局の所は、相場は見積もりを出して見なければ、詳しくはわかりません。また見積もりはいくつかのアプリ開発会社に出してもらい比較するといいでしょう。

新着情報

制作会社に頼んでクオリティーの高いアプリを開発するメリットとは

スマホは必須アイテム 現代は、1人1台スマートフォンを持っているのが当たり前の世の中になっています…

続きを読む

アプリ開発会社の選び方のポイント

明確な線引き 最近では、自分でアプリ開発をする方も多くいます。しかし、アプリ開発をしたいけどプログ…

続きを読む

アプリ開発会社を選ぶうえで気を付けること

開発に必要なノウハウ スマートフォンには、より便利な機能としてアプリが組み込まれています。一般的に…

続きを読む

外注する時のアプリ開発の手順とは

コミュニケーションも大事 スマートフォンが普及した今では、自社アプリの開発は急務です。自力でアプリ…

続きを読む